浮気調査の費用を相手に請求する方法!

慰謝料と探偵費用を請求する方法
慰謝料と探偵費用を請求する方法

浮気調査の費用を相手に請求できるのか?


アベンジ探偵事務所です。今回は【浮気調査の費用は相手に請求できるのか】について浮気で悩んでいる皆様にアドバイスとして記事にしますので、最後までお読みいただければ幸いです。

 

この記事を読んでいただければ、

●費用が高すぎて浮気調査をしないで慰謝料請求を諦める被害者

●浮気調査をしても探偵費用が高く慰謝料を手にしてもマイナスになる被害者

にはならずに済むかと存じます。

 

では本題

 

まず最初に言いますが『浮気調査の費用は相手に請求できますが、絶対ではない』ということです。損害賠償として請求しますが、根本は浮気を証明するために必要な経費であったか、それは妥当な金額か?この二つが何より重要なことだと存じます。

 

浮気調査は、パートナーの浮気が疑われる場合や離婚や裁判の証拠として行われることがあります。

 

しかし、浮気調査を依頼する際に気になるのがその費用です。

 

では、浮気調査の費用は相手に請求できるのでしょうか?

 



一般的に、浮気調査の費用は依頼者が負担することが多いです。そのため、相手に請求することは難しいとされています。特に、法的な根拠や証拠がない限り、相手に費用を請求することは可能ですが、認められるとは限りません。

 

浮気調査の費用は個人の負担として考える必要があります。



 

ただし、法的手続きや裁判で浮気の証拠として浮気調査の結果を提出する場合、その費用を相手に請求することができる可能性があります。

 

しかし、その際にも裁判所の判断や証拠の重要性によって異なるため、状況によって判断が分かれることがあります。

 



浮気調査の費用を請求することが難しいとされる中、相手に対して請求できるケースも存在します。

 

しかし、一般的には浮気調査の費用は依頼者が負担するものとして考える必要があります。万が一、浮気調査をする際には、専門家や弁護士と相談することをお勧めします。

浮気の証拠写真
浮気の証拠写真

浮気調査の費用の請求が認められるケースとは?

浮気調査の費用を相手に請求してそれが裁判で認められる場合にはどんなケースがあるのでしょうか?

 

当社で調べた結果いくつかの状況では認められやすいと判明しました。以下がその状況です。

 

①浮気の証拠を撮るために必要だった場合!

この場合は相手が浮気を認めない、または警戒心が強く依頼者本人が浮気の証拠を集めることが困難だったと想定される場合。

 

この場合にも裁判を起こすための必要経費と認められて請求できるケースが実際に存在しています。当たり前の話ですが浮気調査の報告書に浮気の証拠が記載されていない(白の場合)の浮気調査費用は認められないと思います。

 

②浮気調査の料金が100万円以下の場合

100万円を超えると途端に取りにくくなります。

 

理由は費用のかけ過ぎ、言い換えれば過度な調査と見られるからです。例えば150万円の浮気調査をした依頼者さんが、相手に支払いを請求できたのはそのうちの50万円だった。。。といった形で一部の支払いは認めたってケースもあります。

 

当社の感覚で申し訳ないのですが50万円程度なら認められやすくなり、結果的に慰謝料も調査料金も依頼者さんの手元に全額残ります。(経費はかかりますが・・)

 

これからの生活を考えれば多く残すことは大切です。裏切り者のパートナーのありもしない真摯な対応に期待を寄せるより、依頼者さん自身のの責任で、浮気調査の費用と相手に請求できる範囲での調査プランの希望など、探偵社をしっかりリサーチすべきと存じます。

 

わからないことはアベンジ探偵事務所にご相談くださいね

浮気調査の費用を相手に請求できないケースとは?

浮気調査の費用を相手に請求できないケースとは?ダメな浮気調査の依頼パターン
浮気調査の費用を相手に請求できないケースとは?ダメな浮気調査の依頼パターン

浮気調査の費用が相手に請求できなかった場合はどんなケースでょうか?簡単に言えば上記の記事の反対のことでは請求できない場合もあります。

 

①浮気調査をしなくても不貞の証拠があった場合

②浮気調査の費用が高すぎる

③弁護士費用より高い

 

このような場合には認められないことがあります。浮気の証拠がすでに存在していた場合には1回の調査で浮気相手が判明して、あとはメールなどの証拠で複数回の不貞の証拠が認められる場合には1回分の調査費用は認められる可能性がありますが、探偵を使って過度に(3回以上)撮っても必要な証拠であったと判断されにくくなるって事です。

 

②浮気調査の費用が高すぎる

浮気調査の費用は探偵社によって違います。実例で説明します。

当社にご相談に来られた依頼者さんは他にも1社に相談されてました。同じ調査内容で、同じ証拠を撮って欲しいと他社と当社に相談したのですが、他社は84万円。当社は36万円という見積もりでした。

 

かなり驚かれてました。それはそうですよね。同じ商品で約50万円も違いますからね。

 

なぜこんなにも違うのか?簡単です。当社でも高く取ろうと思えばできますが、それをアベンジ探偵事務所はしないだけです。調査員のかさ増し、調査時間のかさ増し、基本料金のかさ増しなどしないのです。なぜって・・それは一度当社にご相談いただければお分かりいただけることと存じます。

 

とまぁ。。そういうことがあるように、高すぎる場合も『本当にその費用が無ければ証拠が撮れなかったのか』『もっと安くできたはずだ』となり過度な請求として認められない場合もあるってことです。

 

③弁護士費用より高い

これも上記と一緒です。慰謝料や損害賠償を取るためのメインである弁護士費用を大きく超えている場合も過度な調査費用と判断される場合があります。弁護士費用は50万円〜程度であることを考えれば、探偵費用も最大でその程度と考えておいて損はないはずです。

 

探偵費用で50万円とは格安料金を提案できる探偵社で2日〜4日程度(1稼動の時間によって日数が変わります)とお考えください。

浮気調査の費用は相手に請求できる?まとめ

今回は浮気調査の費用を相手に請求できるかを解説しました。簡単に言えば常識の範囲であれば認められやすい!!

 

常識の範囲とは、費用の正当性(調査料金は的確か)、調査の正当性(調査をしなければ慰謝料請求できる証拠を手にすることができなかったか)などを判断されるということです。

 

まずは自分が今、どんな状況であり、浮気調査が必要なのか?そして浮気調査の費用を相手に請求できる範囲での浮気調査を依頼できるのか?プロに聞かなければ判断が難しいはず・・・・・

 

でも、当社にはそのため無料相談がございます。あなたの抱えるその苦しい悩みから開放されるためにまずはスマホを手に取り、そして少しの勇気を持って探偵にご相談ください。アベンジ探偵事務所は無料相談であっても真摯にご対応します。

浮気調査のご相談は24時間無料!

まずは、安心して無料相談をご利用ください。お電話、メールでお問合せくださいませ。

TEL : 06-6760-4681