浮気をされる確率は?

人生で浮気される確率は50%ほどある?

浮気が日本社会において問題視されることはありますが、実際に日本で浮気される確率はどの程度なのでしょうか?

 

浮気の定義や基準も人によって異なりますが、一般的にはパートナーとの約束や信頼を裏切る行為と考えられています。

 

 



独立行政法人統計センターによると、日本の結婚関連の統計によれば、2019年の離婚件数はおよそ20万件であり、離婚原因として「不倫」が挙げられることもあります。

 

ただし、不倫が離婚原因となるケースは全体の一部であり、実際に浮気される確率を特定することは難しいでしょう。

 



また、近年の調査によると、日本人の約半数以上が結婚前または結婚後に浮気をされた経験があると回答しています。しかし、この調査結果も個々の感覚や認識によって異なるため、浮気される確率を一概に言えるものではありません。

 



実際には、浮気被害を受けるかどうかは個々の関係や状況によって異なります。パートナーとの信頼関係を築くことやコミュニケーションを大切にすることが、浮気される確率を減らすための重要な要素となるでしょう。

 

正直に言えば、浮気されたくなければ相手を作らないことだ、、、、とは言いませんが、浮気の原因の9割は『足りない。損してる』と相手が思うことから始まると私は考えています。ですから。相手に頼りすぎていないか?相手のことを自分の都合の良いようにだけ解釈していないか?親しき中にも礼儀ありで気遣いができているかを日々の生活の中で、考えることが大切です。

 

何曜日にはパートナーのことを考えるなど決めておくと習慣化できるはずです。頑張らないで継続する幸せなどないということを肝に銘じてください。